母親への誕生日プレゼントの話し

最近、知人が、母親へ誕生日プレゼントを贈ったという話を聞きました。

 

今の寒い時期にぴったりな、温かいセーターです。

 

自分の母親に似合うセーターを見つけることができるのは、素敵なことですよね。

 

普段から、そういう視点でものを見ていないと、いざという時になかなかできないことだと思います。

 

季節ごとに、目まぐるしく変わる流行に一生懸命ついて行くことも大切ですが、流行にとらわれない、今も昔も変わらない大事なものに目がいくことも大切だと思います。

 

その知人は、もう還暦を過ぎた母親の健康を気遣い、プレゼントをしたとのことでした。

 

 

 

知人の話を聞いて、ふと、自分の母親へ贈った誕生日プレゼントのこと想い出しました。

 

そういえば、私は、母親にストールをプレゼントをしたなと。

 

あまり値段の高いものではなかったのですが、母親は喜んでくれたと思います。

 

私の母親は、ストールなど首に巻くものが比較的好きなので、今度は以前より少し高価なものを買ってあげようと思っていました。

 

きっと、喜んでくれるだろうと思ったからです。

 

でも、その知人の話を聞いて、気付くことがありました。

 

そこには、母親を想う気持ちを少し忘れてはいないかと。

 

 

 

高価なものを買うことにこだわるのではなく、プレゼントと一緒に、日頃の感謝の気持ちを伝えることができたらいいなと思いました。

 

またストールをプレゼントする時は、母親に似合う巻き方を勉強して、首に巻いてあげようと思いました。