やっぱり女の子は、筋子さんより、むちこちゃん?

種類にもよりますが、ホールケーキの1/10カットが700円もする、名古屋では有名なケーキ店があります。

 

他店のケーキの大きさよりも大きいのが特徴で、また素材やケーキの提供法にもこだわっているため、けっこうなお値段がするのですが、美味しいので、ランチもある喫茶の併設のそのお店は、お昼どきからずっと行列が続いています。

 

私と彼は、お茶タイムをしたく、その店で順番待ちをしていたのですが、一組のカップルが店から出てきました。

 

思わず彼女を凝視してしまいました。まさに「骨皮筋衛門」!
黒いストッキングと、ハイヒールを履いていたので、なおさら。足はそれはそれは折れそうなくらい、膝関節がどうだ!と言わんばかりに主張しています。

 

体幹は、コートで覆われているので、その細さは計り知れませんが、ハイネックの上から見えるその顔はとても小さく、うつむいたボブヘアから覗くその顔は青白く、目だけがやけに大きく見えました。

 

(細すぎる・・・)うらやましいを超え、痛々しい気持ちになりました。彼女の足は私の腕の太さもありません・・・これからケーキを食べようとする気持ちが、一瞬で水を差されたようなそんな気持ちになってしまいました。

 

ですが、オーダーのケーキが運ばれ、目にした瞬間、さっきの骨皮筋衛門さん、いや筋子さんのことなど、すっかり飛んでいき、色とりどりのフルーツが敷き詰められ、何層にも重ねられたミルクレープを口にしながら、

 

「ああ幸せ。女の子はぽっちゃりくらいがちょうどいいんだよね」と、言い訳がましくつぶやきながら、苦笑いする彼を横目にペロリとケーキを平らげたのでした。